So-net無料ブログ作成
検索選択

メモリーズ・コーナー [映画]

う〜ん、世にも不思議な映画を見てしまいました。
これは、ファンタジーだと思います。

http://memories-corner.com/



映画の公開は、今年の2月で、7月にDVDが
発売されてます。
オドレイ=フーシェ監督、デボラ=フランソワ主演。
共演が西島秀俊、阿部寛。
阪神淡路大震災から15年後、
神戸と淡路島日本を舞台にした仏映画。

で、もって、ファンタジーだということを、
念頭において、見て頂きたいと強く、訴えておきます!!!!
ほんとに、世にも奇妙な映画です。

memories corner=思い出の場所という原題。
日本人では決して、撮る事のできない、
映画だと思います。



数年前に、本木雅弘さん主演の『おくりびと』が、
米国アカデミー賞外国映画部門で、受賞しましたよね?
この作品は、『おくりびと』を、西洋人がみて、
感嘆したときの様子に、近いのだと思います。

『おくりびと』を、日本人がみたら、
ごく当たり前の、よい映画だったな〜てな
感じだったと思うのですが、
西洋人から見たら、日本人の死生観の特異性、
葬式という様式美、死者を葬る姿勢が、
それこそ、謎めいていて、ファンタジーだったんだと
思うんですよ。

この、『メモリーズコーナー』においても、
西洋人から見た、日本人の死生観や死者を葬る姿勢が、
素直な、驚き=ファンタジーとして、
語られている様な気がします。

実際、この映画を見たフランス人なり、カナダ人が、
地震のおきる理由を、勘違いしないでいられるとよいのですが。。。
(まあ、現実主義的な人種だろうから、大丈夫か)

も、逆に、日本人である私の方が、
『ああ〜、地震ってそうなのかな??』なんて、
思っちゃったり???は、まあ、大丈夫ですが。
フランス人ジャーナリストの主人公の目を通して、
改めて、日本という国を考えさせられました。


西島さん、阿部さんが、予想以上に素晴らしくて。
二人とも、フランス語/英語を、
ごくごく、自然に、使っています。

西島さんが、外国人監督からの
オファーが多いはずだ!!!
彼には、言語の垣根がないって事が、わかりました。

日本語だろうが、フランス語だろうが、ヒンズー語だろうが、
英語だろうが、韓国語だろうが、中国語だろうが。。。
言葉はまったく問題にならない程に、違和感なく自分の言語に
してしまうんだなあ〜。
そして、フランス語が、似合う。
彼の隣に、フランス人女優さんが、似合う。
(むしろ、日本の女優さんよりも全然、似合う。)
阿部さんも、國村隼さんも、丁寧で自然な英語を話してました。


とにかく、不思議な映画です。
実際に、震災を経験された方の目には、
どのように映るのかな??
あくまでも、フランスのファンタジー映画として、
ご覧頂きたいと思いました。




nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

nice! 10

コメント 4

きよたん

不思議な映画なのですね
観なくては分からない映画なんでしょうね
おもしろそうです
by きよたん (2013-10-19 22:42) 

qooo

>きよたんさん。
フィクションかと思いきや、『シックスセンス』のような
ファンタジーホラー映画なんですよ。ぐっと割り切って、
見て頂けるとよいのですが。。。映画を制作したフランス人の
監督さんたちには、悪意は決して無いんです。
ただ、日本という国は外から見ると、理解しがたいんだろうな〜
と、改めて考えさせられた次第です。
by qooo (2013-10-21 22:02) 

SORI

qoooさん こんばんは
一昨日の早朝が昨晩まで那須に旅行に出ていたので訪問が遅くなりました。
是非ともメモリーズ・コーナーを見てみたくなりました。さっそく探してみます。
by SORI (2013-10-22 02:45) 

てぷこだん

日本を舞台にした外国人監督の映画って、そんな目で日本を見られているんだなぁ~と思うことが多々あります。初期で言えばブラックレインだったかな?日本人がやたら「はい、はい」を口にしていたのが印象的で、日本人ってイエスマンなんだとつくづく思い知らされたのを思い出しました^^;

この映画は知りませんでした!
要チェックですね^^
by てぷこだん (2013-10-23 22:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。