So-net無料ブログ作成

孫子。 [読書]

いや〜、blogをさぼってました〜。

日々のゆとりのなさから、読書からも映画からも
あらゆることから遠ざかっていたわけなんですが、
それでも、こつこつと、近況をお知らせしていきますね。

最近、読み応えがあり面白かった本です。
真っ赤なカバーが、魅力的でしたが、
内容もさらに、濃くて濃くて。
勉強になります。


最高の戦略教科書 孫子

最高の戦略教科書 孫子

  • 作者: 守屋 淳
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2014/01/24
  • メディア: 単行本



『孫子』とは、作者不詳なのですが、
中国は春秋時代の思想家である、孫武の著書とされている兵法書です。
つまり、紀元前500年も前に書かれた、戦略本というわけです。
著者とされる孫武は、当時、新興国であった呉に仕えた人なんです。

守屋さんのこの本は、『孫子』の兵法を、
1部→孫武が生きた時代背景など含めて丁寧に記し
2部→現代社会を生きる私たちの状況を事例としてあげ、
全体像をわかりやすく、説明してくれています。
為になる事が、明快&痛快&豪快に記されています。

戦争のための、ほんっとに生きるか死ぬか
戦略本なんですからね。
一つの失敗は、死滅につながります。

戦わないでいられること=生き延びていくための術
私の感銘した一番の部分が、↑この点です。

つまらないプライドをもって、犬死にするよりは、
生き延びるために、強者になびいていく。。。
ジャイアンについていくスネオの生き方こそ、
正しいあり方なんじゃないか??
なんてことを、強く感じさせられるのです。


日本人って、国民性としてなんとなく、
潔癖で生きるのがヘタクソ、交渉下手という、
印象がありませんか?

その、高潔で潔癖で、正論を振りかざす生き方は、
非常に不器用で、生真面目すぎて、堅苦しい。
同時に、愛されてきた点でもあるのかもしれませんが。

でも、上手い事、なんやかんや、たくましく生き延びていった、
徳川家康さんや、徳川慶喜さん、木戸孝允さん、岩倉具視さんなんかの
生き方のほうが、私は共感を持ってしまいます。
孫子の兵法を学んでいたかも。。。
もちろん、私のただの、当てずっぽうですが。

Q.戦いに勝つためには??
 A.相手の状況/情報を知る事が大切である。
  →自分より強い相手と戦う場合。(傘下に入る/弱者連合を作る)
  →自分と互角の相手と戦う場合。(ここが、ポイント。実はまだまだ、
                  学習中なので簡潔に、まとめられません)
  →自分より弱い相手と戦う場合。(戦わずして傘下に招き入れる)


それぞれ、丁寧に説明がされています。
お手に取ってみて下さいね。


ちなみに、戦略本である『孫子』ですので、
実は、結論が書かれてなかったり、濁されていたりするんです。

全ての種明かしをしてしまったら、
戦略思想家としての孫武自身を、君主が雇い入れる必要が
無くなってしまいますよね?(書物をとられてしまうだけ)
『この続きは、私の頭の中にありますので、
雇い入れてもらえた暁には、種明かしをいたしましょう♪』
という、基本スタンスのもとに、書かれた書物なんですね。
(さすがの交渉術ですよね〜)
だからこそ、未だに、謎を解き明かそうと、
研究されつづけているのですね。

このへんの、濁し方なんかも、
プレゼン資料やセミナーを行う際の
資料作りなどに、役立つかもですね〜!!!











nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 1

きよたん

お久しぶりです。
上手く生きる処世術なるほどと思いますが
いまだに身についていきません。
by きよたん (2014-05-09 05:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。